TOP ニュース 企業情報 輸入うなぎ 国内産うなぎ うなぎ辞典 採用情報

国内産うなぎ:うなぎ蒲

 

当社の協力工場におけるうなぎの加工体制には、全ての工程にこだわった、きめ細やかな対応がなされています。熟練した職人技で丹念に時間をかけて焼きあげられた伝統の味です。

ひとつひとつのうなぎを最善なかたちで

うなぎの加工には大きく分けて裂きの工程と調理の工程があります。
おいしいうなぎ製品を作るにはスピーディーな裂きの作業が大事です。活きたうなぎを活きているうちに焼くために他の工場のように外注せず、全て工場内で裂きます。それにより、裂きあげてから焼く作業までの時間が大幅に短縮できました。
調理の作業では最新機器を導入し、おいしいうなぎ蒲焼のためにひとつひとつのうなぎに合わせた加工方法で仕上げています。例えば、焼きのスピードや火の強さを共に調整できる機械により、うなぎの品質の違いに合わせた焼き加減の調整を可能にしています。焼きの工程には備長炭を併用し、遠赤外線も効果的に利用します。さらに白焼きの途中で蒸しの工程をいれますが、最新機器により高温蒸し上げを行ない、ふっくらと皮まで柔らかく仕上げています。タレにいたっては出荷地域ごとに調合し直すところまでこだわっています。
ひとつひとつのうなぎを最善の状態でお客様に食べて頂きたいとの思いを込めて加工しています。

様々なニーズへの対応

お客様それぞれの要望にできる限り応えたい、その思いから様々な要望にお応えしています。要望により、生産者を明記することも可能です。加工場でもトレーサビリティの観点からも、梱包の際に箱に生産者を明記したステッカーを貼っています。
また、焙焼機は蒲焼のたれ付けの回数など要望に応じて変更できるようになっています。さらに備長炭による炭火の完全手焼製品を生産しております。(受注生産のみ)


安心・安全な製品作りの体制

安心・安全なうなぎ製品の提供を使命とし、選別・検品・検査は厳密に行っています。
商品価値のあるうなぎの最終選別は熟練した職人の目で行います。そして生産者を明記した上で重量ごとに細かく選別をします。また池締め後、うなぎの匂いを数人の検査員で食味試験を行って確認し、全員の合格を得たものだけを加工します。
このページのトップへ